淋病

淋病とは

淋病とは「淋菌」という細菌が性器や尿道、のどに侵入したときに感染する性感染症です。

性器・尿道に感染した場合と、のどに感染したときで異なる病気になります。

  • 性器淋病:性器・尿道へ感染
  • 咽頭淋病:のどへ感染

淋病の主な症状

性器・尿道に感染した場合

  • 尿道に強い痛みがある、違和感がある
  • 透明な膿がパンツについている
  • 体が熱っぽい、発熱がある

のどに感染した場合

  • のどが痛い、かゆい、ムズムズする、違和感がある
  • 体が熱っぽい、発熱がある

淋病は発症すると強い痛みが出ます。また、直腸や全身に細菌が広がった場合は、下痢や血便が出たり、体の節々が痛くなることがあります。

のどに感染した場合は風邪との見分けが難しく、淋病に感染しているかどうかは検査をしないと分かりません。検査・治療をせずに日常生活を送り、長期間も淋病に感染したままの人もいます。

淋病の感染ルートと潜伏期間

淋病は感染者と粘膜接触することにより感染します。

主な感染行為としては、コンドームを使わないフェラチオや素股、セックス、アナルセックスなどがあります。のどの場合は、淋病を持っている相手とのディープキスでも感染するので注意しましょう。

淋病の感染者は、よく風俗で遊ぶ人や不特定多数のパートナーがいる人に多いので、心当たりのある方は一度検査を受けてみることをおすすめします。知らずしらずのうちに感染を拡大させてしまっているかもしれません。

淋病の潜伏期間は2日~9日ほどで、潜伏期間を経た後に症状が出始めます。

淋病を放置するとどうなる?

淋病に感染している場合、放置は厳禁です。

淋病に感染していると幹部の衛生環境が悪くなるため、クラミジアや梅毒、HIVなどの他の性感染症への感染リスクも飛躍的に高まります。クラミジアや淋病は抗生剤で治りますが、HIVや梅毒はまだ完治させることができない病気で、しかも悪化すると死に至ります。

放置の期間が長ければ長いほどリスクが高まるので、少しでも違和感を感じたら早めの受診をおすすめします。まだ淋病で済んでいるうちに、検査・治療を済ませましょう。

また、淋病に感染すると男女ともに不妊症になる可能性があります。自然妊娠しない夫婦の多くは、淋病やクラミジアに感染している場合が多いことが指摘されています。特に女性は感染している期間が長いと不妊症になりやすく、妊娠中に感染した場合は、流産・死産の原因につながります。

パートナーがいる方は、パートナー以外と関係を持った際には必ず検査を受けましょう。取り返しのつかないことになってからでは遅いですよ。

性別にみた報告数の年次推移

1999年~2018年に淋菌感染症に感染した患者の報告数を年次グラフにしたものです。


参考:性感染症報告数|厚生労働省

淋病の検査・治療

検査可能な時期

感染の疑いがある行為をしてから、24時間以上経過していれば検査を受けられます。

来院

直接クリニックへお越しください。
簡単な問診票を記入いただいた後、医師による問診をお受けいただきます。

問診

基本的には医師による問診のみでどの検査が必要かは判断できます。
患部を見せていただく必要はありません。

検査

淋病の検査は、性器淋病の場合は尿検査、咽頭淋病の場合はうがい液での検査です。
尿検査はトイレで自分で採尿していただきますので、検査の1時間前からはトイレの利用をお控えください。

検査結果

性器淋病の検査結果(迅速検査)は30分~1時間後、咽頭淋病の検査結果(精密検査)は2〜3日後に分かります。
再度ご来院いただくか、Webでも結果を確認していただけます。

治療

陽性の場合は、淋病に効く抗生剤を注射します。注射の時間は30分程度です。

検査と治療の料金(自由診療)

病名 検査料金 治療費
淋菌(尿) 7800円 19800円
淋菌(咽頭) 7800円 19800円