尿道が痛い・違和感

  • 尿道が痛い
  • 尿道に違和感がある
  • 尿道から膿が出ている
  • 下着が汚れている

このような症状がある場合は、尿道炎である可能性があります。

尿道炎とは

尿道炎とは、何らかの原因で尿道が炎症を起こし、排尿痛や尿道痛を引き起こす感染症です。

尿道炎は以下の原因菌によって発症し、原因菌によって異なる治療を施す必要があります。尿道炎がどの原因菌によるものなのかは、検査をすることで判別できます。

  • 淋病性尿道炎
  • クラミジア性尿道炎
  • 非淋病性非クラミジア性尿道炎(マイコプラズマ/ウレコプラズマ)

尿道炎の主な症状

  • 尿道が痛い
  • 尿道に違和感がある
  • 尿道から膿が出ている
  • 下着が汚れている

などが、尿道炎の主な症状です。

淋菌性尿道炎は排尿時の痛みが強く、不透明の膿が出ることもあるため、症状を自覚しやすいのが特徴です。

一方、非淋菌性尿道炎は症状が淋病性尿道炎に比べて症状が軽く、尿道のかゆみや違和感を感じる程度で、膿も透明色なので気づかない方が多いです。そのため、知らず知らずのうちに感染を拡大させてしまう恐れがあります。

尿道炎を放置したらどうなる?

原因菌が何であれ、尿道炎を放置することは厳禁です。

尿道炎を放置すると、精巣上体炎(睾丸の腫れ、痛み)や前立腺炎(頻尿、残尿、尿の勢いの減少)などの合併症も誘発します。また、放置していた期間が長ければ長いほど治療が難しくなり、完治までの期間が長くなります。

最悪の場合、男性の尿道炎は不妊症、女性の場合は男性と同じ不妊症に加え、妊娠中に尿道炎になった場合は死産につながる恐れもあります。

症状が軽いうちに治療をすれば後遺症が残る確率も低いので、まずは検査だけでも受けてみることをおすすめします。

尿道炎の検査・治療方法

尿道炎の検査はすぐにお受けいただくことも可能です。

来院

直接クリニックへお越しください。
簡単な問診票を記入いただいた後、医師による問診をお受けいただきます。

問診

基本的には医師による問診で、どの検査が必要かは判断できます。
患部を見せていただく必要はありません。

検査

尿道炎の原因菌に感染しているかどうかを尿検査で確認します。
検査の1時間前からはトイレのご利用は控えてください。

検査結果

淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎の検査結果は30分前後でわかります。
淋菌性尿道炎、クラミジア性尿道炎が陰性反応の場合は、マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査となり、結果が出るまでに3〜5日程度かかります。
検査結果については、再度来院いただくか、Webでの結果確認が可能です。

検査と治療の料金(自由診療)

病名 検査料金 治療費
クラミジア性尿道炎 7800円 14800円
淋菌性尿道炎 7800円 19800円
マイコプラズマ 7800円 9800円
ウレアプラズマ 7800円 14800円