代表的な性病

クラミジア

クラミジアとは「クラミジア・トラコマチス」という細菌が尿道やのどに侵入したときに感染する性感染症です。

性器・尿道に感染した場合と、のどに感染したときで異なる病気になります。

  • 性器クラミジア感染症:性器・尿道へ感染
  • 咽頭クラミジア感染症:のどへ感染

淋病

淋病とは「淋菌」という細菌が性器や尿道、のどに侵入したときに感染する性感染症です。

性器・尿道に感染した場合と、のどに感染したときで異なる病気になります。

  • 性器淋病:性器・尿道へ感染
  • 咽頭淋病:のどへ感染

マイコプラズマ・ウレアプラズマ

マイコプラズマ・ウレアプラズマとは細菌の1種で、性器・尿道やのどへ侵入したときに感染します。

マイコプラズマ・ウレアプラズマは最近増加してきた新しい性感染症で、日本では2012年からやっと検査(自由診療)ができるようになりました。

カンジダ

性器カンジダとは「カンジダ菌」という細菌が性器や包皮内で増殖したときに発症します。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマとは、「ヒトパピローマウイルス」というウイルスに感染したことにより引き起こされるウィルス感染症です。

感染すると、性器や性器周辺にできものやイボができます。痛みやかゆみがないので放置する人も多いですが、放置している間もイボは増殖していき、結果として治療が長期化してしまいます。

また、ヒトパピローマウイルスは子宮頸がんの原因でもある恐ろしいウィルスです。

性器ヘルペス

性器ヘルペスとは、単純ヘルペスウィルス(HSV)に感染したことにより引き起こされるウィルス感染症です。

感染すると、性器の周りに水ぶくれや赤いブツブツが現れます。場合によっては強い痛みを伴うこともあります。

ヘルペスウィルスは一度感染すると体内に半永久的に残り続け、しばしば再発を繰り返します。初めて感染した場合は、発熱などの合併症状も引き起こされることがあります。

B型肝炎・C型肝炎

B型肝炎・C型肝炎とは「肝炎ウィルス」に感染して、肝臓の細胞が壊れていく病気です。

B型肝炎・C型肝炎は感染しても自覚症状がないことが多く、感染に気づかないまま過ごしてしまう人もいます。

HIV・エイズ

エイズは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染したことにより引き起こされる感染症です。よく勘違いされますが、HIVはウィルス名、エイズは病名です。

梅毒

梅毒は、梅毒トレポネーマに感染したことにより引き起こされる感染症です。粘膜や微小な傷口から体内に入り込むことにより感染します。

主に発展途上国で蔓延する感染症でしたが、渡航者の増加をきっかけに東京では2010年以降、感染者が増えています。

早期に検査・治療を始めれば進行や症状を抑えることができますが、放置したり治療が遅れると脳や神経に重大な障害が残り、日常生活を送ることが困難になる可能性もあります。

トリコモナス

トリコモナスとは「トリコモナス原虫」という小さな寄生虫(0.1mmくらい)が、性器や尿道内に侵入したときに感染する性感染症です。

性感染症というと主に性行為で感染しますが、トリコモナスは性行為以外にも、下着、タオル、便器、浴槽などからも感染します。そのため、性交経験のない人や、幼児でも感染することがあります。

9価HPVワクチン(ガーダシル9/シルガード9)

先進国で普通に行われているHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)の多くは9価です。ガーダシル9/シルガード9と呼ばれています。当院ではガーダシル9/シルガード9の接種ができます。

HPV(ヒトパピローマウイルス)は子宮頸がんの原因となるだけでなく、外陰がん、膀胱がん、咽頭がんの原因となることがわかっています。つまり、HPVワクチンを男性にも接種することはメリットが有るのです。費用対効果を考えて、アメリカやオーストラリアではガーダシル9/シルガード9が男性にも推奨されています。